小学3〜4年生のお子さんをお持ちのお父さん・お母さんにとって、大切なお子さんの将来について考えていると「中学受験」について「うちもそろそろ…」と話をされ始めた頃かもしれません。
最近では進学塾の学力テストのCMをテレビでよく見かけますし、「中学受験の受験者が増加」しているなどの情報を耳にすることが多いですね。

スポンサードリンク

中学受験のメリットと進学塾選び

塾やおけいこ事などの話も、ご家族はもちろんお子さん、お母さん同士などで話題にされているかと思います。
みなさんのおうちではどのようにお話されていますか?

「学校の選択」や「受験」について、どのように考えたらいいか、「まだまだ、これから…」、「どうしたらいいか・・・」とお考えの方も多いと思います。
毎日色々なことを学び、元気に成長しているお子さんをみていると、将来のことやいろんなことを親として考えずにはいられませんよね。

子どもの将来には、「受験」という決して避けられない試練があります。
それは、「中学受験」、「高校受験」、「大学受験」と、どれを選んでも楽なものではありません。
お子さんは、まだまだ先のことは見通しをたてるのが難しいですから、親が色々と悩み考えることでしょう。

考えていくうちに、「中学受験」について親とお子さんの意思が一致したとき、中学受験が始動します。
最近、中学受験者数が増えてきているみたいですが、そもそも「中学受験」って、どういうメリット・デメリットがあるのでしょうか。

一般的には、メリットとして、「よい友達が得られる」、「授業の質が高い」、「難関大学進学に有利」、「中高一貫校が多いので集中して勉強できる」、「大学受験に専念しやすい」ということもあります。

しかし一方でデメリットとして、「遊ぶ時間が少なくなる」、「受験勉強が大変」、「通学時間がかかる」、「塾に通うのが大変」、「授業料がかかる」、「宿題の手伝い」など、親にも子にも金銭的・精神的負担も多いようです。
これらを踏まえて、中学受験にはいったいどうしたらいいのか、考えていきましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

中学受験と進学塾選び:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。