中学受験の受験日

頑張ってきた受験勉強の成果を発揮するのが、入試当日です。
中学受験は、一般的にみて、2月上旬に分散して行われ、さらに日を分けて3回程度試験が行われます。

スポンサードリンク

多い場合は5、6回、日を分けて行っている場合もあり、「1人が同じ学校の試験を何度も受ける」、「1人が複数校受験する」ことが可能です。
同じ学校に複数受験するときは、受験料の割引サービスがあったりもします。

私学にとって「入試」は、とても大事な、大きなビジネスチャンスでもあるのです。なので、サービスにぬかりはありません。
「もし落ちたら」と考えて、たいていの親御さんはすべての入試日を申し込むのが普通ですので、その際は、割引サービスが受けられたりします。

受験日が近づいてくると、本人はもちろん、親も不安がどんどん募ります。
進学塾から「万が一落ちたら」、「受験日の子どものケア」などを聞かされるので、不安は最高潮になります。

いくら、中学受験は「親子受験」といわれていても、最後は子どもが力を発揮できるかどうかにかかります。
ですから、子どもの言動に一喜一憂することでしょう。

親は子どものためにできる限りのことをしようと、偏差値が合いそうなところに、受験日が重なろうと5校6校程度すべて申し込みます。
そして、ネットなどで受験者数の前日データを調べて、倍率が昨年並みや低いところを受けさせるという親御さんも多いことでしょう。

中学受験をするからには、絶対に受かりたいと思うのは当たり前のことです。
でも、「学校はどこでもいいから、受かればいい」という考え方では、何のために受験するのかわからなくなってしまいますね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ